Daily life of flash

色々なゲームの感想などを書いてます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド 第23話「エンド・オブ・ディエンド」 感想

慎が大樹を倒そうと攻撃をするが春香が止めに入る。

士と大樹の前に純一が現れ、大樹の過去を話し出す。

大樹は昔フォーティーンの手先であり仮面ライダー狩りをしていた。

でも自分の考えた矯正プログラムではなく人々を薬で洗脳していたことを知り、自分が信じれなくなりフォーティーンの元から逃げる。

純一は傍にいた夏海をさらい逃走。

士は大樹と純一、夏海を助けるために手組むことになる。

ディケイドって結構いい台詞言ってますね。
今回は士が大樹を説得するところとか。

士と大樹はフォーティーンを罠にかけおびき出すが、フォーティーンも真の姿を現す。
ってなんだよこの姿!もう他のアニメとかのラスボスみたいだよwww

巨大な敵にはやっぱり響鬼!

ディケイドはコンプリートフォームに変身し、アムード響鬼を召喚してフォーティーンを撃破!
やっぱり響鬼はかっこいいですね。

フォーティーンを倒しみんなの洗脳が解けるが、純一は自分の意思でフォーティーンの元で働いていたという。

大樹と純一は一対一で戦うが、両方とも攻撃ができるのに攻撃を止めてしまう。

攻撃を止めたのは純一が人間の中の自由な意思を認めているからだと士は言う。

ケータッチが出てきてから戦闘がやけにしょぼくなったような気がします。

次の世界はなんだろな~ってなぜにシンケンジャーwwww

もう仮面ライダーじゃないじゃんwww
まあおもしろかったらいいんで、来週も楽しみにしておきます。

昼から久しぶりにゲーセン行ってくるんで、帰ってから銀魂見ようと思います。

ガンダムVSガンダムNEXTやってなかったんで腕が下ってないか心配です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flashspirit.blog58.fc2.com/tb.php/55-d12dabd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。