Daily life of flash

色々なゲームの感想などを書いてます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーディケイド 第23話「エンド・オブ・ディエンド」 感想

慎が大樹を倒そうと攻撃をするが春香が止めに入る。

士と大樹の前に純一が現れ、大樹の過去を話し出す。

大樹は昔フォーティーンの手先であり仮面ライダー狩りをしていた。

でも自分の考えた矯正プログラムではなく人々を薬で洗脳していたことを知り、自分が信じれなくなりフォーティーンの元から逃げる。

純一は傍にいた夏海をさらい逃走。

士は大樹と純一、夏海を助けるために手組むことになる。

ディケイドって結構いい台詞言ってますね。
今回は士が大樹を説得するところとか。

士と大樹はフォーティーンを罠にかけおびき出すが、フォーティーンも真の姿を現す。
ってなんだよこの姿!もう他のアニメとかのラスボスみたいだよwww

巨大な敵にはやっぱり響鬼!

ディケイドはコンプリートフォームに変身し、アムード響鬼を召喚してフォーティーンを撃破!
やっぱり響鬼はかっこいいですね。

フォーティーンを倒しみんなの洗脳が解けるが、純一は自分の意思でフォーティーンの元で働いていたという。

大樹と純一は一対一で戦うが、両方とも攻撃ができるのに攻撃を止めてしまう。

攻撃を止めたのは純一が人間の中の自由な意思を認めているからだと士は言う。

ケータッチが出てきてから戦闘がやけにしょぼくなったような気がします。

次の世界はなんだろな~ってなぜにシンケンジャーwwww

もう仮面ライダーじゃないじゃんwww
まあおもしろかったらいいんで、来週も楽しみにしておきます。

昼から久しぶりにゲーセン行ってくるんで、帰ってから銀魂見ようと思います。

ガンダムVSガンダムNEXTやってなかったんで腕が下ってないか心配です。

仮面ライダーディケイド 第22話「ディエンド指名手配」

日曜日の朝はヱヴァの映画を見に行ってたんでディケイドが見れなくて、帰ってきたら疲れていたので感想がちょっとおくれちゃいましたw

今回の世界は大樹の世界でした。

大樹の世界なのになぜか大樹が指名手配されている。

この世界での士の職業はサラリーマン。
今までで一番普通の職業ですね。

これはお決まりなのかいつもどうりの待遇の良さwww

一方、夏海とユウスケは大樹のことを聞くために警察署に行こう場所を村人に聞くと、村人は持っている荷物を降ろして二人を担いで行くというすごい親切さwwww

ここまでくるとちょっとは不信にならないかなぁw

そうこうしているうちに、何のルールかしらないけれどルールを破った思われる少年がローチに襲われていた。

そこにラルクとランスが現れトーチとの戦闘。
ディケイドも加わりトーチを瞬殺!

仮面ライダーを見ていて時々、敵が可哀想に思えてきますw

トーチを倒すとなぜか村人に追われる士・春香・慎の三人。
春香と慎の話によると、この世界ではライダーは敵だと言う。

夏海とユウスケは警察署に着き大樹のことを聞くと、お偉いさんに合うことになり戻ってきた士と一緒にお偉いさんに会いに行くことに。

お偉いさんはなんと大樹の兄の純一でした。

純一によると大樹はこの世界を壊そうとし、慎によると純一がおかしくなったのは大樹のせいらしい。
そして、この世界はやさしさを強制されローチに統制されている世界だという。

やさしさを強制されているにせよ、この世界は人たちはやれすぎじゃないかなw

ディケイドとディエンドの加勢もあり、ローチを倒したラルクとランスに再びローチが襲い掛かりディケイドはキバ・エンペラーフォームを呼び出しローチを撃破!

ザンバットソードのわけのわからないギミックは使わないんですねwww

慎は大樹に不安を抱き、大樹に攻撃をしてしまう。

今週からOPが2番に変わってましたね。
2番の歌詞も結構良かったです。

けいおん! 番外編「冬の日!」

学園祭も終わり、季節は秋から冬に。

寒くてギータが弾けない唯は、手袋をはめてギータを弾こうとするも当然弾けるわけもなく
「失望した!」とか言ってるよ。

普通はわかるよwww

しかも手袋にぶーくろちゃんって名前がいつのまにかついているという。

唯は冬だからみんなで鍋をしようと言うがみんなは用事があるといって集まらず、憂とギータと三人で鍋をすることにした唯。

そして日曜日、ムギはアルバイト、律は弟と映画、澪は一人で海に行き歌詞を考え、あずにゃんは友人の猫を預かり猫と遊んでいた。

それぞれほのぼのした日々を送っていたが、アルバイトで立て続けにミスをしてしまうムギ、弟が遊びに行き一人になる律、何も思いつかない澪、預かっていた猫の体調が悪くなり慌てるあずにゃん、といきなりちょっぴりシリアスな展開に。

そんな中みんなに「マシュマロ豆乳鍋とチョコカレー鍋どっちが食べてみたい?」というわけのわからないメールを送る唯。

やっぱり唯はこういうキャラなんですねwwww

どうしていいかわからないあずにゃんは唯に電話をすると、唯と憂はあずにゃんの家に駆けつけ猫は体調が悪いわけではなく、毛玉をはいただけだと分かりほっとするあずにゃん。

そしてみんなはムギのバイト先で集合。そこで律が悩んでいたラブレターは、澪が書いた歌詞だったことが判明w

番外編はけいおん!らしい、まったりした話でよかったと思います。





銀魂 第163話「黒船は沈む時も派手」

今回は寺門通公式ファンクラブ決定戦の6回目は、本選3本勝負の3本目の途中からでした。

新八の「仲直りのセッション」の効果によりLPが減っていく土方は、突然のトッシー氏の登場とトッシー氏の「無」というカードにより勝負はドローになる。

こんな「無」ってカード反則だろwwww

そしてそこからはトッシー氏と新八のボクシングの勝負でした。

なんか完全に他のアニメになってましたねw

妙に血とかの演出がリアルで銀魂とは思えないほど演出が良かったです。

殴り合いのシーンからいきなり屯所に移り、屯所の庭にはトッシー氏のお墓が!

なんと新八達はオフィシャルファンクラブのざには「お通ちゃんを応援するファンに、オフィシャルもアンオフィシャルもない」といってオフィシャルのざをトッシー氏に譲っていた。

そして山崎はトッシー氏のお墓にオフィシャルファンクラブの会員証をお墓に添えるという。

なんか今回はギャグ漫画の銀魂に時々あるちょっぴり感動が入った話でした。

特に新八がファンクラブを譲った所が良かったです。

後最後の方のぐだぐだ感も銀魂らしくて良かったです。

けいおん! 第12話「軽音!」 感想

今回は事実上けいおん!の最終回ですね。

唯は律の風邪がうつったのか、学園祭前なのに学校を休んでいます。

どんどん日は過ぎていくが唯の風邪は治らないのに、突然部室に唯が!

風邪が治ったという唯を含めて練習をしてみると唯の演奏が完璧に。

みんなおかしいと思い疑うと、なんと憂が唯に変装していた。
憂はギター完璧にできるし唯は絶対音感だし、この姉妹は一体なんなんだwww

そこに風邪が治っていない本物の唯が来るが熱で倒れてしまう。

倒れた唯は「私抜きで本番の方がいいかも…あずにゃん、ギターは任せたよ」と言い、本番まで学校を休んで完璧に風邪を治すことにする。

でも学園祭当日、いっこうに来ない唯をさわちゃん先生がつれて来るもギータを忘れてしまう唯。
やっぱり唯はこんなんなんですねwww

ギータを家に取りに行く間、さわちゃん先生が代わりギターをすることに。
今回の曲もかなり良かったですね。これはCD購入は決定です。

この曲の間の唯の回想シーンで鳥肌が立ちました。
なんか唯の成長などがわかり良かったです。

そして唯が学校に到着しみんなにあいさつをしました。
「今いるこの講堂が、私達の武道館です!」
きれいにまとめましたねwww

それで唯版ふわふわ時間が流れました。
澪版とは違い、声がやさしかったですね。

そいて演奏が終わると突然ムギがもう一度演奏を始めもう一曲やることに!

久しぶりにいい最終回のアニメを見ました。
原作さえあれば2期もやってほしかったです。

«  | HOME |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。